当事務所は、法人・個人を問わず、法を通じてクライアントの諸活動における本質的な価値を実現することを信念とし、クライアント共に課題を発見し、解決のためのメニューを提案するなど、クライアントの伴走者として法務をサポートいたします。

具体的には、ビジネススキームの設計・構築や企画段階からの戦略的なアドバイス、新たな作品・コンテンツや新規技術の利活用に関するアドバイスも積極的に行っています。当事務所では、法や規制に関する高い法的知見のみならず、日々進化するビジネスや技術、文化への理解を深めるとともに、事務所内のメンバーで経験やノウハウを共有するなどして研鑚に努めてまいります。

また、クライアントの正当な利益の実現のため、和解交渉や訴訟を通じた紛争解決についても力を入れており、これまでに高い実績を有しています。

  

また、当事務所は、学校法人等の教育機関における法務を専門的に取り扱っており、学校法人の法務担当者を対象にした研究会を開催するなどの活動も行っています。教育機関に求められる公正性、多様性を法務の面からサポートし、人を育み、社会の基盤を担うために信頼される教育の実現をお手伝いします。

弁護士紹介Team

松田 政行

Masayuki Matsuda

詳しく見る ⟶

山崎 貴啓

Takahiro Yamazaki

詳しく見る ⟶

吉川 武志

Takeshi Yoshikawa

詳しく見る ⟶

業務内容Practices

主要取扱案件

知的財産関連法務、インターネット・情報法関連法務、学校・教育関連法務、企業間取引・事業提携、コーポレートガバナンス、危機管理、フランチャイズビジネス、事業承継

特に著作権関連の業務としては、出版・メディア・情報通信・エンタテインメント業界におけるビジネススキームの構築・設計やコンテンツ権利処理等の各種契約業務を中心に、業界内において公正・公平なルール作りを行うための提案や助言、紛争解決に関する業務を行っています。

技術関連の業務としては、共同研究・開発契約や、システム開発契約などの各種契約業務、特許やノウハウの利活用に関するコンサルティング、インターネットサービスにおけるユーザー利用規約・プライバシーポリシー等作成、情報セキュリティ、新規ビジネスモデルに関する各種法令・規制調査及びコンサルティング等があり、訴訟等の紛争解決業務を行っています。

当事務所の所属弁護士は、これまで文化審議会著作権分科会や文化庁関係の調査研究事業等に従事した経験を活かし、専門的なサービスを提供できる体制を整えております。

また、特許や商標に関する紛争が生じた場合には、速やかに専門の弁理士と協働して対応できる体制を整えています。

さらに、上記事項のほか、日々行われる取引に関する契約関連業務や社内人事・労務、事業提携などあらゆるニーズに対応いたします。

教育に関する業務としては、学校法人のガバナンス、学内規則整備、訴訟対応、各種契約、情報管理、施設管理に関する法務のほか、教職員等に対する研修・講演(危機管理、生徒指導、いじめ、ハラスメント、著作物利用等)を行っています。

当事務所の弁護士は、学校法人の法務部門での業務経験を活かし、学校法人に関わる多様なステークホルダーの利益に配慮しつつ、課題に対して建設的で柔軟な解決を図ることを志向しています。

顧問契約

顧問契約をご希望のお客様には、組織の中で生じる単発的な法律問題や契約業務に関して都度助言やチェック等をし、紛争が生じた場合には迅速に対応してもらいたいというニーズから、新規ビジネスや業容拡大に伴って企画段階から継続的な助言を得たい、又は法務を経営戦略の一つのカテゴリーとして捉えて継続的に法律家の関与を得たいというニーズもございます。

当事務所では、お客様の多様なニーズに合わせて、顧問料とそれに応じた業務内容等を協議させていただきますので、お気軽にご相談ください。

アクセスAccess

松田山崎法律事務所

東京都新宿区荒木町22-42 エプコットビル1階

松田山崎法律事務所

〒160-0007
東京都新宿区荒木町22-42
エプコットビル1階 東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩5分
都営新宿線 曙橋駅 徒歩3分

TELL:03-5361-7811(受付)AM10:00~PM5:00
FAX:03-5361-7822
E-MAIl:info@matsudayamazakilaw.com

*ご相談の受付は、メールにて事案のご説明を頂くと、ご相談の流れがスムースになります。